2011.08.28 大阪講演を開催しました

テーマ :東京電力福島第一原発事故 『放射能問題の現状と今後』

     ~何が起きたのか?これから何が起きるのか?~

     放射能・動物・法律の専門家が、福島で今、問題になっている放

     射能問題、警戒区域に取り残されている動物の問題をお話します

     放射性物質による汚染が問題になっている畜産の現状と今後を実

     際に地元に入り測定されている柿崎先生より、また、警戒区域内

     の家畜や犬やねこをはじめとする被災動物たちについて、許可を

     得て警戒区域に入り、レスキュー活動も行った今本先生から福島

     の被災動物の現状と今後をお伝えいただきます。こういった人災

     による犠牲や、さまざまなトラブルを防止するためにも動物愛護

     管理法の法改正の検討が進められていますが、その法改正につい

     て細川先生にお話しいただきます。質疑応答の時間もありますの

     でぜひご参加ください。

 

講 師 :柿崎 竹彦(第一種放射線取扱主任者、獣医師、獣医学博士)

     今本 成樹(獣医師)

     細川 敦史(弁護士)

     ※詳細はプロフィールページ

 

日 時 :平成23年8月28日(日)午後1時30分 ~ 4時30分

場 所 :大阪国際交流センター(小ホール)ホームページ

料 金 : 1,000円

 

福島第一原発周辺における動物たちの現状調査に基づく産業動物

種類:嘆願書

日時:2011年4月16日

提出:農林水産大臣 鹿野道彦 殿
   環境大臣/防災担当大臣 松本龍 殿

嘆願書.pdf
PDFファイル 190.3 KB

 

福島第一原発周辺における動物たちの現状

種類:活動報告書(今本成樹)

日時:2011年4月15日

提出:農水省、日本獣医師会、福島獣医師会、IFAW

2011年4月15日に福島第一原発周辺における動物たちの現状.pdf
PDFファイル 6.9 MB